政府が2030年代に「原発ゼロ」を目指す方針を決めた。しかし、その内実はすでに幾多の矛盾が露呈し、エネルギー政策の行方は混沌とするばかり。「ゼロに賛成」「けしからん」と唱えるのは簡単だが、本当は原子力発電所の存廃やエネルギー政策で、何が可能で、何が不可能なのか。真相を探った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。