「やることをやって、早く解散しろ」──。「異常国会」が始まった。10月29日午後2時から開かれた召集日の衆院本会議場に響いた第一声は、野党席からのヤジだった。参院は通常国会での首相、野田佳彦に対する問責決議可決を盾に、この日の所信表明演説をボイコットした。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。