10月中旬、およそ1年ぶりに北京国際空港に降り立った。タクシー乗り場の長い列に並んでいると、不安が頭をよぎる。日本人は乗車拒否されることもある、と日本では聞かされていたからだ。おずおずとタクシーに乗り込んで中国語で行き先を告げると、髪を短く刈り込みサングラスをかけたこわもての運転手がこう言った。 「◎是日本人◎? ◎◎的◎◎很好!(お前は日本人か? 中国語がうまいな!)」

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。