9月12日、米ワシントンのホワイトハウスには、政府の長島昭久首相補佐官(当時)と大串博志内閣府政務官(同)の姿があった。2人がすでに最終調整段階に入っていた「原発ゼロ」を目指す新エネルギー戦略を説明すると、居並ぶ米政府高官は強い口調でプルトニウムの管理問題について懸念を表明。大串政務官らは「野田(佳彦首相)を信じてくれ」と、ひたすら理解を求めたという。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。