スマートフォンやタブレットなどの新製品の発表が相次ぎ、iPad、android携帯などに代表される新しいデバイス(情報端末)が急速に普及している。今、これらのデバイスから最新情報を得る、または大手メディアに掲載されないレアな情報などを得るなど、独自に情報を活用するビジネスマンが増えてきている。ただ、その情報はTVや新聞、雑誌など引用されたものが多く、それらに混じる形で出所がはっきりしないものや、裏付けのないものが氾濫しているなど、情報は玉石混交で、内容の正確性が必ずしも保証されているわけではない。では、この情報洪水状態の現在、信頼のおける質の高い情報とは何か? 「週刊ダイヤモンド」編集長の小栗と「ダイヤモンド・オンライン」編集長の原が、情報を伝えるメディア制作の現場から、各々が果たす役割について語った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。