フランスの老舗宝飾ブランドなどの要職を歴任したリシャール・ミル氏が独自の時計ブランドを設立したのは、2001年のこと。航空機やF1マシンなどに用いられる最先端の素材を使用し、スイスでも屈指のサプライヤーで組み立てを行う「リシャール・ミル」の手法は、自社一貫生産にこだわる高級時計界の潮流に一石を投じた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。