11月6日の投開票日を控え、攻防が激化する米大統領選挙。そうした中、金融市場で注目を集めつつあるのがFRB(米連邦準備制度理事会)の議長人事だ。FRBウオッチャーのルー・クランドル氏(米ライトソンICAPチーフエコノミスト)は、2014年1月に2期目(1期4年)の任期を終えるバーナンキ議長は「続投しないだろう」と指摘する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。