いまや国内市場の“主戦場”はスモールカーになり、自動車メーカー各社による新車投入が相次いでいる。だが、華やかな新車ラッシュとは対照的に、国内市場の行方には暗雲が漂う。エコカー補助金の反動減、景気減速、中長期的な人口減少から、国内新車販売台数は400万台へ激減する公算が大きいからだ。スモールカー戦争は熾烈を極めることになる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。