湘南鎌倉総合病院には、全国から産婦人科医が見学に来る古風なお産部屋がある。この「フリースタイル分娩室」(写真)で出産する妊婦は、天井から垂れ下がった綱をつかんでいきむ。時代劇でしばしば登場するお産の光景を想像させることから、「大奥スタイル分娩室」「お江戸スタイル分娩室」とも呼ばれる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。