「これからもここで医療を受けられるのか、すごく心配」。週に3日間、人工透析で通院している男性患者は、不安げに語った。9月下旬、厚生労働省が診療報酬を不正請求したとして、東京医科大学茨城医療センター(茨城県阿見町)の保険医療機関指定を取り消すと発表したからだ。不正請求の数は2008年4月~09年5月の1年2カ月に約3万件。金額にして約8300万円だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。