秋田県中央部に位置する上小阿仁村にある唯一の医療機関、村立上小阿仁国保診療所には医師がちっとも定着しない。3人の医師が連続して赴任後1年以内に辞意を表明してしまった。 高齢化と過疎化が進む人口2560人の小さな村で僻地医療に臨んだ医師たちが、失意のうちに相次ぎ辞職した背景には、年間休暇がわずか20日という激務に加え、一部村民からの心ない誹謗中傷があったもようだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。