リハビリは日々の積み重ねとはいえ、回復期にどのくらい後遺症が改善するのか。回復期リハビリ病院である鶴巻温泉病院(神奈川県)は入院患者の6割が重症。だが、今西剛史・統括診療部部長は「入院時に常に介助が必要だった人の4分の1は、リハビリによって自宅へ帰れる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。