「患者さんや地域の視点に立って意識面からリニューアルすることを考えた」と語るのは、東京都で3位となった東京慈恵会医科大学葛飾医療センターの伊藤洋院長。同病院は、旧東京慈恵会医科大学附属青戸病院。老朽化していた病棟を全面的に建て替えて今年1月に“新病院”として開院した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。