北海道で1位の札幌医科大学病院は、とりわけ昔からがん研究の実績、そして患者の診療・治療レベルで国内外からトップクラスの評価を受けてきた。平田公一病院長は「道内の救急医療の中心的役割を担うと同時に、これまで以上に高度先進医療に力を入れて多くの患者を受け入れていく」とし、先端分野へ精力的に取り組んでいる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。