金価格はリーマンショック以降下値のメドであった26週移動平均を下回ってきた。これまで上昇を続けてきた金であるが、9月の下落に続く今回の下落は、リスク回避志向の強まりによるものであり、欧州債務危機がいよいよミニリーマンショック化してきたことの証左であるとの見方ができる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。