この10月1日、純粋持株会社の日本軽金属ホールディングスを発足させた日本軽金属の石山喬社長は、身を乗り出して危機感を語る。「これまで以上に、効率的な経営を目指し、必要に応じて子会社や関連会社が機動的に動けるようにしなくてはならない」。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。