食料危機のリスクとは、絶対量の不足ではなく、価格の上昇や不安定化である。だが日本では、国民全体が飢えるのではないか、という不安が蔓延している。少なくとも現状で日本が、食料を“高過ぎて買えなくなる”ようなことはあり得ない。「幸いにして日本はまだ世界でも豊かな国だ。もし不安なら、対策は国民の所得を落とさない努力をすることだ」(野口悠紀雄・早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問)。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。