米国の干ばつに端を発する穀物価格の高騰は、“食料危機”に対する人々の不安をかき立てた。世界で食料が不足し、輸入が途絶すれば、日本はたちまち危機に陥る。「食料安全保障」への関心も高まった。危機は本当に来るのか。日本が取るべき方策は何か。相場動向、需給構造、農業政策の各面から検証する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。