“水漏れ”で地元を混乱させている熊本県産山村の大蘇ダムを、先日久方ぶりに訪ねてみた。現地で目の当たりにしたのは、不手際を地元に押し付ける国の無責任体質と、それに翻弄される住民たちの深刻な温度差。相も変らぬ光景である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。