総選挙が秋に行われるとの観測が強まっており、政治の季節になった。マスメディアは、政治家たちの離合集散を伝えるのに大わらわだ。そうした報道を否定するわけではないのだが、政策に関する報道が極めて不十分だ。以下では、政策に関する論議のあり方を再検討すべきことを主張したい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。