「強い首相」だった小泉純一郎首相の後、1年前後の短命に終わる「弱い首相」が続くのはなぜか。現在、各党で党首選が展開され、事実上の次期首相選びが始まった。本書は実によいタイミングで出版された、政治についてじっくり考えるための好著である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。