福島銀行において、かつて公的資金の注入と競合行との経営統合案が検討されていたことが明らかになった。再編は不振地銀が取り得る選択肢の一つだが、実績の優劣は明白のようだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。