この3月末までの現中期経営計画でも変革を進めていて、それがベースだ。次の中計を考える今期に、石田諭副頭取に来てもらったこともあり、今後10年先を見据えて地銀として何をやるべきか、経営陣で議論して出したのがこの改革計画だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。