日本のモノづくりを牽引してきた大手企業が相次ぎ、業績悪化で窮地に立たされている。再生に向けて連携すべき銀行とのパイプは細く、国による公的支援には政治リスクやモラルハザードがつきまとう。企業の立て直しを主導する存在が見えないまま、ジャパンブランドの落日が急速に進み始めた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。