干拓地へ約30年前に進出し、バラ農家としては国内有数の規模(約3ヘクタール、売上高約2億8000万円)を誇る岡山県笠岡市の藤原農園は低コストの土壌栽培を続け、生産性を追求してきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。