20年続いた日産自動車と仏ルノーの信頼関係は崩れ、離婚が現実味を帯びている。業績転落の窮地にあっても日産経営陣には内紛の火種がくすぶり続けており、その急所にルノーが付け入ることで、さらに経営が混乱するという悪循環になっているのだ。日産危機の本質に迫る「三部作」を驚愕の新事実と共にお届けする。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。