領土問題は究極的には戦いである。武力に訴えてでも守り抜かなければ奪われる。中国の激しい反応はその意味で領土に関する国家の姿勢としては理にかなったものだ。無論、日本の領土を奪おうとする無法は許せないのは当然だが、今回の問題はむしろ国家らしからぬ姿勢を取り続ける日本にある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。