「教科書で新説を採用する場合は、10年以上の慎重な検討を要する」(山川出版・曽雌編集長)という。そのため研究者間で主流の説と教科書ではタイムラグが生じる。ここではそのはざまにある幾つかの説を取り上げた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。