三菱UFJフィナンシャル・グループは4月から新体制に移行する。三毛兼承社長兼CEOは1年で退任し、後任には亀澤宏規副社長が就く。保守本流の企画畑ではなく、市場や海外を担当した“亜流”かつ大学では数学専攻という異色のキャリアだ。国内最大の金融グループのかじ取りは、異能のリーダーに託された。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。