公共交通機関と目的地までの「ラストワンマイル」をつなぐ移動手段として、電動キックボードが欧米などで赤丸急上昇中だ。手軽なシェアリングサービスにより多くの国々に浸透中。日本でもにわかに国内外のベンチャーが参入し、多くがまだ実証実験レベルだというのに早くも競争過熱の様相だ。特集では、その人気の秘密から規制の現状まで解説した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。