教育改革が叫ばれて久しいが、大学入試改変の頓挫が象徴するように、百人百様に自らの経験談を語る審議会をよりどころとするような施策には未来はない。課題の在りかを精緻に見極める「目利き」が必要で、新井紀子氏は間違いなくその一人であろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。