2020年も米中摩擦の火種がくすぶり、新興国経済への逆風となりそうだ。世界経済の減速感が強まる中、相対的に輸出依存度が高い新興国の貿易活動には停滞感が広がっている。全般的に明るい材料は少なく、各国の試練が続くことになるだろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。