これまで日本のカメラ産業は、積み重ねたアナログ分野での技術が防御壁となり、新規参入を許さなかった。ところがデジタル時代、家電メーカーが攻め入り、スマートフォンも揺さぶりをかける。半導体、家電業界が惨敗する中、デジタル分野では、カメラが日本のモノづくりの最後の砦だ。10年に1度の新製品ラッシュの年に起こる大攻防戦を追った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。