巨大ファンドで7000億円を超える損失を計上したソフトバンクグループ。1981年の創業以来、数々の修羅場をくぐり抜けてきたカリスマ経営者の孫正義会長兼社長は、再び窮地に陥ったかに見える。その一方で、傘下のヤフーはLINEと統合し、新たな孫式パワーゲームが動きだしている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。