原油相場は乱高下の後、やや持ち直しているが、上値の重さも感じられる展開となっている。9月中旬にはサウジアラビアの石油施設が無人機などによる攻撃を受け、米国産のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)が1バレル当たり63.38ドル、欧州北海産のブレントが同71.95ドルまで急騰した。それまで安定供給元と認識されていたサウジが攻撃され、地政学リスクに対する原油の脆弱性を意識せざるを得なくなり、イランとサウジ・米国との対立も厳しさを増した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。