若手社員の間で増えている「新型うつ」。この病気の難点は、上司や同僚に「仮病ではないか」と誤解されやすく、治療への協力を得にくいことだ。だが、単なる“うつ”だとタカをくくってはいけない。パニック障害の権威が深刻な実情を明かす。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。