歳川隆雄著『政治のリアリズム』は、永田町(政界)と霞が関(官界)の考現学に関する優れた作品だ。特に朝鮮半島情勢に詳しい歳川氏は金正恩朝鮮労働党委員長の思惑についてこう記す。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。