藤井非三四著『負ける組織と日本人』は、戦史から日本の組織が抱える問題について考察した意欲的な作品だ。特にインテリジェンス(情報)に関する考察が興味深い。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。