マラソンなどの選手が、標高1000~2500メートルの高地でトレーニングを行うことは有名だ。空気の薄い高地では体に酸素が供給されにくくなり、血液中の酸素濃度が低下する。これに対応するため赤血球や血液量が増加し、持久力の向上につながるからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。