原発事故後、福島県内では放射能に関する情報が日常的に溢れるようになった。放射能が日常の身近な存在に好まぬながらもなってしまっている。自らが置かれた環境を正確に把握し、自分は何を選択するのか。その選択を助けるためのさまざまな取り組みが県内で始まっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。