「携帯電話料金は4割引き下げる余地がある」──。2018年夏の菅義偉官房長官の発言で激震が走った携帯業界。だが、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3社の寡占の壁は厚い。総務省は、新規参入する楽天を巻き込んで、その牙城を切り崩せるか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。