生活の中で着る衣服を通し、与謝野晶子が恋のときめきを、岡本かの子が愛の悩みを、北原白秋が青春の輝きを、そして石川啄木が人生の苦悩を短歌に託して歌う。それら衣服の歌を、実力派の歌人である著者が豊富な学識を踏まえて解説していく内容。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。