世界規模でのM&Aを経て、増え続ける世界中のグループ企業に、どうやって永守流の経営スタイルを浸透させるのか。また、日本人社員にグローバル感覚を植え付けるために、日本電産が取り組む施策とは。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。