欧州で地球温暖化問題への関心が高まる中、ドイツのメルケル政権は9月20日、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出量を2030年までに1990年比で55%減らすための政策パッケージを発表した。だがその内容について、気候学者や野党から不十分だと批判の声が上がっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。