東日本大震災による地震、津波、そして原発事故から約1年半。家や仕事や家族を失いながら、再起を果たそうとする被災地の生産者たちは、「食の安心」に腐心する消費者に直接的・間接的に拒絶されてきた。「科学的根拠に基づかない風評が経済的被害を長期かつ巨大にしている」──。これが、現在の放射能汚染の“正体”だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。