銀行・証券が断末魔の様相を呈している。地方銀行はさらなる再編が不可避、メガバンクも人材流出にあえいでいる。証券会社は株高にもかかわらず急速に収益源が細り、保険会社もテクノロジーの進化に脅かされている。土俵際に追い込まれた金融業界に生き残る道はあるのか。徹底検証した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。