この7月、手塚治虫の代表作の一つ『ブラック・ジャック』が瀬名秀明氏によってノベライズされた。舞台は連載当時から約30年後の現代。なんと、iPS細胞も取り上げられ、山中伸弥先生(らしき人物)まで登場している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。