今や6万店近くと、コンビニよりも多い薬局が転換期を迎えている。医療費削減を旗印に、国は増殖し過ぎた薬局をけん制。また、大手チェーンの経営統合で、売上高1兆円の“メガ薬局”が初めて生まれ、本格的な再編淘汰の時代に突入した。ドラッグストア、調剤薬局、薬剤師──。激変する薬局の最前線を追った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。