「欧州独自のクラウドが欲しい!」。こんな声がドイツ経済界で上がっている。現在世界中の企業が自社のサーバーではなく、他社のクラウドサーバーを利用することによって、IT費用を節約している。容量の多さも魅力だ。例えばかつては自社のサーバーにメールやデータを蓄積し過ぎて「容量が足りません」という警告がPC(パソコン)の画面上に現れることがあったが、クラウドサーバーを使い始めた多くの企業では、このような事態は昔話になった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。