カリフォルニア州ギルロイ。人口6万人弱のこの町のダウンタウンを歩くと、カフェから揚げたてのニンニクのいい匂いがする。「世界一のニンニクの首都」と自称するニンニク生産地の町の住民たちは、この夏、こぞって同じ黒いTシャツを着て町を行き交う。その胸には「ギルロイ・ストロング」という白抜きの文字と、ひげの生えたニンニクの絵が描かれている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。